カラーをする前のパッチテストって必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Q.カラーをする前に行うパッチテストって何ですか?

A.ヘアカラー剤の中にはジアミンと呼ばれるアレルギー物質が含まれています。カラーすることでアレルギーが発症すると、重篤な皮膚炎を引き起こす場合があります。アレルギーはいつ発症するかわからないため前回大丈夫だったからといって今回も大丈夫という保証はありません。そのためメーカーさんはカラー施述の前には毎回パッチテストを行うよう注意書きされています。もしパッチテストを行わずにカラーを施述を行い事故が起きた場合は自己責任になります。

さてそのパッチテストなんですが、

カラー剤を水薄めたお薬を皮膚の薄い部分(腕の裏側など)にぬり、20分後と48時間後に経過を見ます。その間にかゆみ、発疹などの異常がなければアレルギー発症の可能性が低いということになります。ただし、低いだけであって実際の原液のお薬を塗った場合、またアレルギーはいつ発症するかはわからないため、必ず発症しないというわけではないのでご注意ください。またこの時点でかゆみ、発疹があった場合は程度の大小あれ、カラーに対してアレルギーをもっているとういことなので、カラー施述はやめておいてほうがよいでしょう。もしカラー施述する場合は自己責任のもと行い、異常を感じた場合はすぐに洗い流し病院へ行きましょう。

美容院で扱うカラー剤もジアミンは含まれているため、アレルギーは起こります。そのため本来は毎回パッチテストをしなければいけません。ご来店の際カルテにパッチテストを希望されるか記入するところがあったり、口頭で聞かれると思います。希望すれば、パッチテストを行ってもらえますが、当日カラー施述することができなくなります、48時間経過後に再度ご来店頂いて施述します。希望しない場合はお客様自己責任のもと施述を行うことになります。

よくカラー施述の際、美容師さんから「しみてないですか?」と聞かれることが多いと思いますが、それはアレルギーが起きてからでは遅いためです。もし施述中何か異変を感じたら遠慮せず美容師さんに伝えましょう!

パッチテストすべきかどうかの判断は最終的には自己判断に委ねられます。何があってからは遅いのでヘアカラーは危険な場合があるということを頭に入れて、自分の体調と相談しながら、施述しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたも質問してみよう!

Line@からご質問頂ければ、直接ご質問にお答えします。
ただいま多数のご質問頂いておりなかなかすぐにはお答えできない場合もあるかとは思いますが、なるべく早くお答えさせていただきます。
どしどしご応募お待ちしてます!

LINE 友達追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*