現役美容師が教えるツヤサラ髪を手にいれる6つのトリートメント方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

美容院に行ってカラーもキレイになって髪の毛もつやつや!!

今日から髪のケアもがんばらなくちゃ!!

でもちょっと待って!

あなたのトリートメントのつけ方あってますか!?

前回のシャンプー編に続き今回はトリートメント編!

 

せっかくいいトリートメントを使ってもやり方を間違えば効果も半減。

 

正しいトリートメントの使い方で憧れのツヤサラ髪を手にいれちゃいましょう!!

正しい6つのトリートメント方法

 

  1. シャンプーのお流し後は軽く水を切る!

    トリートメント成分は髪の毛の水の通り道を通って浸透していきます!

    カラカラの髪の毛の上からトリートメントをつけても中には浸透していきません。

    かといってビタビタの状態も髪の中には浸透せず流れていってしまうだけです。

    軽く握って水がしたたるくらいが丁度よいです!

  2. 使用量は守って!

    髪の毛の中に入るトリートメント量は決まっています。たくさんつけたからと言って髪が良くなるわけではありません。

    入りきらなかったトリートメントは表面に乗っかるだけで流し残ればベタつきの原因になってしまいます。

    目安はショート1プッシュ、ミディアム2プッシュ、ロング3〜4プッシュほどです。

    また週一回使うような集中トリートメントを毎日使うのも効果はありません。

    ダメージが気になる場合でも週2回ほどで十分です。

  3. つける位置は耳から下、根元にはつけない。

    トリートメントは地肌ではなく髪の毛に作用するものなので地肌にはつけないでください。流し残るとかゆみや湿疹の原因になる場合も!

    また根元付近につけるとトップのボリュームが出なくなります。

    根元付近の髪の毛はダメージが少ないのでトリートメントはなくても大丈夫!!

    良質のシャンプーを使っていればシャンプーにも補修成分が入っているのでそれで十分です。

    つけるときは毛先からつけて中間に伸ばしていくイメージで!荒刃のくしを使ってあげるとムラなくつけやすくなります。

  4. 時間をおけばいいというわけではありません。

    トリートメントは時間をおけば入るというわけではありません!トリートメントによってそれぞれ最適な浸透方法があります。

    パッケージ裏面の使用方法をよく読んでそれを守って使用していきましょう!

  5. 流しすぎ注意!

    とても大事なことです!!日本人は清潔好きなので髪の毛がぬるっとするとイヤという方が多いです。でもキュッキュッするぐらいは流しすぎ。

    それだと髪の表面にトリートメントは残っていません。多くの方がトリートメントを流しすぎて効果をなくしています。

    お流しは少しぬるっとするくらいでOK。時間にして20秒くらいが目安です。

  6. トリートメントとコンディショナーどっちが先?

    よくある質問なのですが、コンディショナーは髪の表面付近を補修するものでトリートメントは髪の内部から補修するものです。

    さらにトリートメントには髪の表面も補修してくれるので、特別にコンディショナーを使ってくださいというような注意書きがない限りトリートメントとコンディショナーを同時に使う必要はありません。

    もし両方使うような製品の場合は内部を補修してから表面を補修するので、トリートメントをつけてコンディショナーを使ってください。

いかがでしたか?もし今までのやり方が違っていたら今日から早速実践しちゃいましょう!!

今よりもっとキレイな髪の毛になれるかも!!

髪は日頃のお手入れで次第でどんどん変わっていくのでしっかりがんばりましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*