髪の毛の構造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毛髪の構造

髪の毛の毛穴から出ている部分のことを毛幹といいます。

毛乳頭周辺で分裂増殖した細胞はだんだん上に押し上げられていくうちに、ある部分は毛根鞘(毛穴と毛髪の間にあるクッションのような組織)に、ある部分はキューティクルに、ある部分はコルテックス(毛皮質)に、ある部分はメデュラ(毛髄質)に、というように分化していきながら角化し、ケラチンというタンパク質になって、毛幹ができます。

皮膚でいえば角質層や剥がれてしまった老化角片にあたるわけで、毛髪の目に見える部分、つまり毛幹は、すべて死滅細胞の集まりです。

毛幹部はのり巻き状の構造をしており(上ページ参照)、外側から、キューティクル(毛表皮)、コルテックス(毛皮質)、メデュラ(毛髄質)という3層に分かれます。

キューティクルは毛髪全体の約15%を占め、ウロコ状に毛髪表面を覆っています。このキューティクルは撥水性で無色透明、つまりメラニンを含みません。

毛髪の大部分を占めるコルテックスは、ケラチン繊維(フィブリル)の集まりですが、このフィブリルとフィブリルの隙間は、親水性で保湿性の高い物質で埋められています。

この部分をマトリックス(間充物質)と呼びます。

マトリックスはC-ケラチンという不定形のケラチンを主成分としていますが、アミノ酸やP.P.T(アミノ酸が数個〜数十個つながったもの)、核酸、ミネラルなど皮質細胞内に存在していた微量の物質も混在しています。

コルテックスはこのようにフィブリルとマトリックスから成り立っていますが、その量はほぼ半々で、特にマトリックスは毛髪の水分を維持する保湿成分が多いので、ヘアコンディションを考えるととても重要な部分といえます。

毛髪美容を考える上で、キューティクルとマトリックスはとても重要で、艶や手触りはいうまでもなくキューティクルの状態に左右されます(艶や手触りの良し悪しは、もともとの毛髪の形状=断面の形状が正円に近いか否かーという要素もあります)し、後述するパーマやヘアカラーなどの、毛髪に浸透してなんらかの化学的作用を毛髪に与える薬剤は主にマトリックスに吸収され反応します。

ちょっと大げさにいえば、パーマはマトリックスにかかるものだし、ヘアダイはマトリックスに染まるわけです。

髪のダメージの具体的症状として、多くの人が髪のぱさつきを気になさるようですが、この原因もマトリックスの保湿力が低下するためです。

 

参考文献

大門哲也 著

毛髪科学を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*