ヘアサイクル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヘアサイクル

毛髪は毎日どんどん生えてくると同時に抜けてもいます。頭髪の抜け毛は多少の季節変動はありますが、1日平均50本〜60本です。

これは毛の製造工場である毛乳頭が何年かに一度休業するからで、ヒトの頭髪は5年前後で生え替わっているわけです。

毛が生えてきてどんどん成長していき、何年かすると伸びなくなって抜け落ち、また次の毛が同じ毛穴から生えてきます。

この毛の新生から次の毛の新生までを1ヘアサイクル(毛周期)といっています。

上の図にあるように、ヘアサイクルは、新生、成長期(活動期ともいいます)、退化期、休止期、脱毛、次の毛の新生ーという過程をたどります。

通常1ヘアサイクルは女性で5〜7年、男性で3〜5年といわれています。

女性のほうが1ヘアサイクルが長いのは、女性ホルモンが頭髪の成長に促進的に働くからです。

禿げる確率が男性のほうが高いのもそのせいと考えられます。

ヘアサイクルの成長期は通常数年間あります。

仮に1年で毛が15㎝伸びるとすると、成長期が5年あれば75㎝になるわけです。

成長期が終わると退化期を経て休止期になります。

休止期ではすでに毛乳頭組織は萎縮し、毛母細胞の分裂は停止していますので、毛はのびません。

かといってすぐ脱毛するのではなく、2〜3ヶ月してから脱毛します。

この間に毛穴は浅くなり、毛根も完全に角化しますので、抜け落ちたときに、その脱毛根は棍棒状の形になります。

成長期の毛を無理に抜くと痛いのですが、休止期の毛は引っ張るとほとんど抵抗なしに抜けてきます。

休止期があるために、なんらかの理由で毛をつくらなくなってから脱毛までにタイムラグが生じます。

たとえば、円形脱毛になった場合、その数ヶ月前から毛をつくってなかったわけですから、原因はその時点にあったということになります。

また女性の場合、妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発なため、本来休止期になるべき毛の寿命が長くなります。

出産を経てホルモンバランスが元どおりになると、多くの毛が一斉に休止期となり、数ヶ月後にはびっくりするくらい抜け毛が増えることもあります。このような現象はよく見られることなのであまり心配せずに、栄養のバランスのとれた食生活を心がけるようにすれば、またちゃんと毛が生えてきます。

妊娠中に脱毛が増えるケースもありますが、その場合は栄養不足が原因と考えられます。

参考文献

大門哲也 著

毛髪科学を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*