今日から始められる!食べ物で白髪を予防!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

こんにちは!髪のお医者さん、白髪マイスターの山口玲緒奈です!

1本でも見つけるとテンションの下がる白髪!!そんな恐るべき存在感を放つ白髪くんとの出会いは、できれば1日でも遅く遅らせたいですよね!

今日はそんな白髪を発生を遅らせるためにできる生活習慣の1つ、白髪を予防する食生活についてお話ししたいと思います!

白髪の生える原因白髪の改善方法の記事を読んだことのない方はこちらの記事も合わせてご覧くださいね。

白髪の原因の一つに食生活の乱れがあります!つまりこれは正しい食生活が白髪予防につながるということです。

といっても、よく海藻を食べると髪が生えてくるとか白髪が黒くなるとか言われますが、それだけ食べておけばいいということはありません!

健康な髪の毛を作るには様々な栄養が必要です!なので海藻以外にもバランスよくいろいろな物を食べることが必要になります!

それでは髪の毛に必要な栄養を見ていきましょう!

 

健康な髪を作るために必要な栄養

  1. たんぱく質(アミノ酸)

    なんといってもまずはこれ。人間の体はもちろん髪の毛もたんぱく質(アミノ酸)でできています!

    健康な髪の毛を作るためにはたんぱく質は絶対必要です!

    たんぱく質が豊富に含まれた食べ物といったらこちらになります!

     肉、魚、卵、牛乳、豆類

  2. ヨード(ヨウ素)

    ヨードは髪の毛を作る細胞の成長を助けます。そして重要な髪の毛に色を付けてくれる重要な細胞メラノサイトを活性化させてくれます。
    海藻が髪の毛にいいというお話は海藻にはヨードが豊富に含まれているのでここからきているのでしょう!

    ヨードが豊富に含まれた食べ物はこちらになります!

    海藻類:コンブ、ヒジキ、ワカメ、ノリ

    魚介類:イワシ、サバ、カツオ、ブリ

  3. カルシウムとマグネシウム

    カルシウムもまたメラノサイトを活性化してくれます。妊娠、出産後の女性に白髪が出てくるのはカルシウムの不足が原因の1つと考えられています!またカルシウムが効率よく吸収され働くためにはマグネシウムと一緒にとると効果的と言われています!

    カルシウムとマグネシウムを豊富に含む食べ物はこちらになります!

    カルシウム:乳製品、小魚、大豆製品、海藻類、モロヘイヤ

    マグネシウム:あおさ、大豆、きなこ、アーモンド、干しエビ、玄米

  4. チロシン

    チロシンはメラニン色素の原料になります。チロシンが不足していると、どれほどメラノサイトが活発に働いていても髪の毛は黒くなりません。
    抗ストレス作用もあるので白髪の予防にとくに効果的です!チロシンは体内でアミノ酸から作ることもできますが、直接食べ物から摂取することもできます。

    チロシンが豊富に含まれた食べ物はこちらになります!

    乳製品:脱脂粉乳、ナチュラルチーズ、プロセスチーズ

    果物:バナナ、アボカド、りんご

    魚介類:かつお、まぐろ、たらこ、ちりめんじゃこ、ひらめ、うるめ、いわし

    大豆:ナッツ類、アーモンド、大豆、落花生、豆腐

  5. チロシナーゼ(チロシンを黒色メラニンに変化させる酵素)の働きを活発にさせるミネラル。銅は体内では自分で作ることができない成分になります!チロシンと合わせてとると効果的です。

    銅を豊富に含む食べ物はこちらになります!

    豆類:大豆、納豆、カシューナッツ

    野菜類:ごぼう、ニンニク、パセリ、モロヘイヤ、かんぴょう

    穀類:そば、さつまいも、玄米

    魚介類:ホタルイカ、エビ、カニ

    果実類:アンズ、プルーン

  6. 亜鉛

    亜鉛は髪の毛を作る様々な働きを促進するために必要な栄養素です。亜鉛が不足すると白髪やパサつき、細毛、薄毛など様々な影響がでてきます!

    亜鉛を豊富に含む食べ物はこちらです!

    牛肉、豚肉、鶏肉、カキ、ゴマ、卵、納豆

 食べ過ぎもよくない

いかがでしょうか?健康な髪の毛を作るためには、たくさんの栄養が必要なことがわかったと思います!

食べ物なら今日からすぐ実践できますね。不足している栄養があったらすぐ意識して摂取して行きましょう!!

しかし、バランスよく食べることは必要ですが、食べ過ぎもよくありません!

消化は人間が1日の中でもっともエネルギーを使う働きで、食べ過ぎとくに炭水化物、糖質の摂りすぎは老化を早めます!

それではせっかくバランスよく摂取しても白髪の改善にはなりませんよね。

様々な食品を食べることは必要ですが、炭水化物は常に少なめを心がけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*